めっき種類紹介

パラジウムめっき

比重は12.0で金(19.3)よりも小さく、また金よりも安価ですから、はんだ付け性や電気伝導性付与の目的で金めっきの代わりに多用されています。

パラジウムめっきの特徴

  1. はんだ付け性に優れており、鉛フリーはんだめっきの代替として利用できます。
  2. 金めっき同様に、薄膜(0.02〜0.03μm)でも良好なはんだ付け性を示します。
  3. 皮膜硬度は硬質金めっきよりも高く、電気接点としても利用されています。
    但し、長期間(約2ヶ月以上)放置すると、表面に有機物が付着することが知られていますので、取り扱いには注意が必要です。

技術情報

品質管理

めっきの種類

メールでのお問い合わせはこちらから

目黒東庄 閑話